小さい頃から今日あったことを言葉にしながら絵に描いていた。今も絵日記を描くように描いている。前向きな言葉などでは支えきれず毎日はこれでもかというくらい色んなことが押し寄せてくる。どうしたらいいかわからないやり場ない思い、一生忘れたくない幸せなこと、ふと思ったこと。そんな気持ちを描きとめる。巨大な日記になる。日記文も作品。





I